“1冠のみ”のバイエルンに補強は必要なしか…元指揮官が必要性を否定

コメント()
(C)Getty Images
2016-17シーズン、バイエルンはリーグ戦の1冠のみに終わった。今夏大型補強に乗り出すかどうかに注目が集まっている。

オットマール・ヒッツフェルトは、古巣であるバイエルン・ミュンヘンに大型補強は必要はないと考えている。『スカイスポーツ』が報じている。

バイエルンは2016-17シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でレアル・マドリーに敗れ、DFBポカールにおいては準決勝でドルトムントを前に敗れ去った。ブンデスリーガで優勝は果たしたものの、長年クラブを支えたフィリップ・ラームやシャビ・アロンソの今シーズン限りでの引退も決まっており、大型補強が敢行されるという憶測が飛び交っている。しかし、かつてバイエルンで指揮を取っていたヒッツフェルトは大規模な補強の必要性はないと主張する。

「バイエルンが大きな変化を求めるとは思えない。攻撃では(ロベルト)レヴァンドフスキがいるし、(アリエン)ロッベンと(フランク)リベリは年齢が高いとは言え、完全にトップレベルの選手だ。ワールドクラスのアタッカーを獲得してきたとしても、その選手は不平を言うことになるだろうね」

なお、すでにホッフェンハイムのニクラス・ズューレとセバスティアン・ルディが、来シーズンからバイエルンに加入することが確定している。さらに、チームの将来を担うことが期待されるチアゴ・アルカンタラの契約延長、キングスレー・コマンの買い取りオプション行使が決定済みだ。

次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
次の記事:
浦和、2019シーズンの背番号を発表…杉本は14番、山中は6番に決定
閉じる