1トップで先発の大迫勇也、W杯出場も「また、これから始まる」…すでに気持ちを切り替え

コメント()
(C)Getty Images
日本代表は31日、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、2-0で完勝。6大会連続のW杯出場を決めた。試合後のフラッシュインタビューで大迫勇也がコメントした。

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。日本は浅野拓磨、井手口陽介のゴールで2-0で豪州を下し、ロシア・ワールドカップへの出場権を獲得。6大会連続で、本大会への切符を勝ち取った。

試合後のフラッシュインタビューで、大迫勇也は以下のように語った。

「得点取ることできなかったですけど、最低限のことはできたかなと思います。(W杯出場を勝ち取ったが?)また、これから始まるので、切り替えて頑張ります」

「(最終予選には)途中からしか参加できなかったんですけど、自分なりに全力を出したつもりですし、またW杯につながるなと思っています」

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる