1ゴール1アシストのC大阪MF山村和也、二冠達成で「すごく良いシーズンだった」

コメント()
(C) Getty Images
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝でセレッソ大阪が横浜F・マリノスを下した。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1月1日に埼玉スタジアムで行われ、セレッソ大阪が延長戦の末に2-1で横浜F・マリノスを下した。C大阪にとっては前身のヤンマーディーゼルサッカー部時代の1974年以来43年ぶり、C大阪となってからは初めて天皇杯を制した。

この試合で1ゴール1アシストを記録したMF山村和也が、試合後のフラッシュインタビューに応えた。

「ありがとうございます。いつもと同じで、勝っている時に後ろに下がるので、最後はDFとして守り切れて勝てて良かったです」

「1年で二つもタイトルを獲れて、チームとしてもすごく良いシーズンだったと思います。勝利をシーズンの始まりとして、スタートできたことをうれしく思いますし、来季ももっと勝てるように頑張りたいです」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる