鼻骨骨折のS・ラモス「レアル・マドリーのためならば何度だって血を流す」

コメント()
Getty Images
『ツイッター』でファンにメッセージを送る

18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で鼻骨を骨折したレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、ファンにメッセージを送っている。

S・ラモスはアトレティコ戦の前半、DFルーカス・エルナンデスの蹴り上げた足が顔に当たり、鼻から出血。ハーフタイムにDFナチョと交代していた。翌日にレアル・マドリーは、同選手が鼻骨を骨折していたことを発表している。

S・ラモスはレアル・マドリーが容態を発表した後に、自身の『ツイッター』アカウントを更新。心配していたファンに感謝を告げた。

広告

「このエンブレム、このユニフォームのためならば何度だって血を流す。愛情と支持を表明してくれた皆に感謝を。すぐに戻る」

レアル・マドリー主将は、次節以降フェイスガードを着用して試合に臨む見込みだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる