鹿島GKクォン・スンテが全治まで3~4週間の負傷…柏戦で負傷交代

コメント()
(C)Getty Images
鹿島アントラーズはGKクォン・スンテが負傷。全治3~4週間と診断された。

鹿島アントラーズは4日、GKクォン・スンテが左母指MP関節脱臼と診断されたと発表。全治まで3~4週間を要する見込みだ。

クォン・スンテは、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節・柏レイソル戦で先発したものの、後半早々に相手選手と接触して負傷。49分にGK曽ヶ端準と交代でピッチを退いていた。今季、クォン・スンテはリーグ戦12試合に出場している。

閉じる