鹿島・大岩剛監督、1点差勝利も攻撃に不満「アイデアを出せなかった」

コメント()
J.LEAGUE PHOTOS
明治安田生命J1リーグ第25節、鹿島アントラーズ対大宮アルディージャは1-0で鹿島の勝利。試合後、鹿島の大岩剛監督が記者会見に臨んだ。

明治安田生命J1リーグ第25節が9月9日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズと大宮アルディージャが対戦した。試合は1-0で鹿島の勝利。試合後、鹿島の大岩剛監督が記者会見に臨んだ。

試合は両チームに流れが行ったり来たりの展開。鹿島は33分に幸先良く先制点を奪うも、後半は守備に回る時間帯が増えていった。終盤に大宮が繰り出した再三のロングスローにも耐え抜き、1点を守りきって勝ち点3を手にした。

大岩監督は「非常に難しいゲーム。相手が大宮さんということで非常にやりにくかったんですけど、選手たちが攻守においてコンパクトに連携してやってくれた90分だったんじゃないかと思います」と振り返る。

ペースを握れたときにはボールがうまく回っていた鹿島。「選手が積極的に相手のウイークポイントを突いてやってくれた」と賞賛する反面、「ただ最後のところでアイデアをなかなか出せなかった。ハーフタイムにも言ったんですけど、奪ってからのファーストプレーで意思の疎通がなかなかできず、奪い返されてしまう場面が非常に多かった」と攻撃面には不満を表した。

しかし、大宮の猛攻をしのぎきった守備に関しては「相手に持たれる時間も後半はありましたけど、しっかり自分たちが連動して、後ろでコンパクトにする守備は、評価していいんじゃないかと感じています」と満足げに語った。

閉じる