鹿島アントラーズDF町田浩樹が全治6カ月と診断…川崎F戦で負傷

コメント()
(C)Getty Images
鹿島アントラーズDF町田浩樹が右膝前十字靭帯損傷と診断された。全治まで6カ月を要する見込み。

鹿島アントラーズDF町田浩樹が右膝前十字靭帯損傷と診断された。全治まで6カ月を要する見込み。

鹿島アントラーズは20日、DF町田浩樹が19日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節・川崎フロンターレ戦で負傷。チームドクターより検査結果の報告があったと発表した。受傷名は右膝前十字靭帯損傷で、全治まで6カ月を要する見込みだ。

町田は14日に行われた第11節・ヴィッセル神戸戦でリーグ戦初出場。同試合にフル出場を果たし、川崎F戦も先発出場していた。

閉じる