ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

鳥栖が劇的勝利も…長谷川監督が逆転弾の判定に疑問「受け入れられない」

17:00 JST 2019/10/05
2019_10_5_Hasegawa

FC東京の長谷川健太監督がサガン鳥栖戦後のフラッシュインタビューに登場し、試合終盤に生まれた逆転弾について言及した。

FC東京は5日、明治安田生命J1リーグ第28節でサガン鳥栖と対戦して1-2で敗北。後半開始早々の49分に右CKからMF三田啓貴が直接決めて先制したFC東京だったが、86分にFW豊田陽平に決められて追いつかれると、試合終了間際の95分にもMF金井貢史に得点を許した。

これにより、6日に今節の試合を控える2位・鹿島アントラーズと首位・FC東京の勝ち点差は暫定で「1」。悲願の優勝を目指す首都クラブが、今節中にも首位から陥落する可能性が出てきた。

しかし、逆転弾の場面ではハンドだった疑惑が浮上している。左サイドでのFKから小野裕二がクロスを供給してファーの高橋秀人が頭で触り、中央の豊田陽平がシュート。さらにゴール前の金井が押し込んでネットを揺らしたが、豊田のシュートの場面でボールが手に当たっている様子が映像でも確認でき、得点の直後にはFC東京の選手たちも激しく抗議していた。

試合後、振り返りを求められた長谷川監督は判定について疑問を呈している。

「なかなか受け入れられない結果だと思います」

「もちろん我々が2点目をとれなかったことは問題ですが、最後の判定は若干どうなのかなと思います」

とはいえ、長谷川監督は「2点目を流れの中でとるチャンスはあったと思うので、そういうところでゲームを決め切れなかったというところが、最終的にはああいう結果に繋がったのではないか」とも語っており、自チームの力不足が敗北に繋がったことを反省している。

FC東京は次節、インターナショナルウィークによる2週間のリーグ中断を経て、19日にヴィッセル神戸と対戦。熾烈な優勝争いが続くなかでリーグ3試合勝ちなしと失速気味だが、立て直すことはできるのだろうか。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です