骨折により離脱の今野泰幸、2年ぶりの日本代表に「生半可な気持ちではダメな場所」

コメント()
©Getty Images
28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。25日の練習後、負傷離脱が発表されたMF今野泰幸が記者団の取材に応じた。

28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。25日の練習後、負傷離脱が発表されたMF今野泰幸(ガンバ大阪)が記者団の取材に応じた。

2年ぶりに招集された日本代表。その感想を「やっぱり刺激のある場所。生半可な気持ちではダメな、ピリピリした雰囲気っていうか、相当な覚悟持ってやらなくちゃいけない場所だなと、改めて思いましたね」と話す今野。左第5趾基節骨骨折と診断されたが、症状については「メチャクチャ痛いわけじゃない」とのこと。しかし、「ケガは誰も好き好んでやるわけじゃないし、本当に残念ですね」と悔しさをにじませる。全治などについては「分かんないですね。ドクターとは何にも話をしてないんで。クラブに帰ってからじゃないですか」と話した。

23日に行われたアラブ首長国連邦(UAE)代表戦では、ゴールを挙げる活躍も見せた。「長谷部(誠)がケガしてしまって、日本のキャプテンで、今まで中心でやってきた選手が抜けることによって崩れてしまったら、日本のW杯出場は遠のいてしまうと思うし、最悪なことになりかねない。その穴埋めというか、勝ち点3を取って帰ってくることだけに集中してたんで、僕だけの力じゃない。みんなでですけど、それが達成できてすごく良かった」と、チームの勝利を強調しながらも満足した様子だ。

それだけにW杯への思いは強いが、「絶対に日本代表はW杯に行かなくちゃいけないと思うし、そのためには予選を勝たなくちゃいけない。まずは予選突破することが第一だと思うし、まだ決まったわけじゃない」と気を引き締める。自身のW杯出場については「まだまだ先のことだし、僕も年齢も年齢だし」と答える。そして「まずはケガを治すこと、クラブチームで試合に出ること、コンディションを上げること。1歩ずつやっていくしかない。とにかくサッカーをやりたいんで、早く治したい気持ちでいっぱいです」と続けた。

また、チームへのメッセージを聞かれると、「とにかくこの遠征、合宿ではあと1試合あるんで、ホームで難しい試合になると思うんですけど、とにかく勝ってほしいなと応援したい気持ちです」と答えた。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
混沌する得点王争いにユヴェントス指揮官「C・ロナウドにライバルの刺激は必要ない」
次の記事:
サウジ戦は武藤を1トップ起用!日本代表が先発を発表…右臀部痛の大迫はベンチから
次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
次の記事:
出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」
次の記事:
イグアイン、次戦ベンチ外でチェルシー移籍が目前…ガットゥーゾは「選択を尊重」
閉じる