香川真司、タイ攻略のキーポイントは「得点を奪う形を共有すること」

コメント()
(C) Getty Images
28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。26日の練習後、MF香川真司(ドルトムント)が記者団の取材に応じた。

28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている日本代表。26日の練習後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)が記者団の取材に応じた。

2-0の勝利を収めたアラブ首長国連邦(UAE)代表との一戦。香川は「難しいアウェーでのゲームをチーム一丸となって勝ち切れたことはすごく自信になります」と手応えを語る。香川はインサイドハーフでの起用となったが「守備に回る時間が長い中で、今ちゃん(今野泰幸)と(山口)蛍とうまくやりながら戦えた」と、自身のパフォーマンスにも一定の評価を与えた。その一方で「自分の特長は攻撃」とし、「結果を出してチームに貢献したい」と攻撃での活躍に意欲を燃やす。

UAE戦では、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の戦術が浸透しているように見えたが、香川も「ボールを取った後のカウンターなどの攻撃が、自分たちの強いところ。そこはすごく進化した。球際であったり、切り替えであったり、そこはチームとしての成長を感じる」と分析している。

昨年は清武弘嗣が存在感を発揮したが、香川もポジション争いを「すごく激しい」と感じているようだ。「誰も自分のポジションを確立している選手はいない。結果を残さないと評価されない。どんどん入れ替わる世界だと思っているので、誰しも結果を求められると思っている」と香川。そして「勝つことが何より大事。その上で、自分の個性を生かせるようにしたい」と続けた。

練習について質問されると香川は「具体的にタイ対策はやってないですけど、自分たちの攻撃であったり守備あったりの確認をしました」と回答。UAE戦では、相手にボールを持たせつつも主導権を握らせない戦いをしたが、今度のタイ戦は「全く逆」だと話す。「僕たちがボールを保持した中で、違った戦いになるかなと思っています」として、こうした戦い方で結果を出せるかを課題に挙げた。

タイ代表は守備的な戦術を採用すると考えられるが、香川は「簡単に崩せる相手ではないと思っているので、セットプレーもそうですし、前線からプレスを掛けた中でのカウンターもそうですし、いろいろな形があってもいい」と、さまざまなアイデアを持っていることを明かす。そして「一番は自分たちがどうやって戦っていくのか。積極性を持つことが結果につながる」と続けた。

サウジアラビア代表とは同じ勝ち点ながら、得失点差で2位となっている。タイ代表戦では、大量得点も期待されるが、香川はUAE戦と同じように「前半に先制点を挙げることが大事になる」と話す。だが、決して警戒は怠らない。「タイの選手は、チーム全員がハードワークをして、カウンターも含めて技術の高い選手が多い。決して簡単な相手じゃない」と、決して楽な相手ではないことを強調した。

「得点を奪う形をもっともっと共有しなくてはいけない」と話す香川は、「まず勝たなければいけない。あと1日、2日で戦術面も含めて、自分たちのメンタリティーをいいところまで持っていけるようにチームでやっていきたいです」と、タイ戦に向けた意気込みを語った。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる