首位マンチェスター・Cと勝ち点8差も…ポグバ「優勝できないと思えばスパイクを脱いだほうがマシ」

コメント()
Getty Images
ケガから復帰したフランス代表MFはまだまだ優勝を諦めていないようだ。

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、首位と勝ち点差は開いているものの、優勝できるチャンスは十分にあると語っている。

9月に行われたチャンピオンズリーグのバーゼル戦でハムストリングを負傷したポグバは、約2カ月間離脱を強いられたが、18日のニューカッスル戦で復帰。フランス代表MFは復帰戦でゴールとアシストを記録するなど4-1の勝利に貢献。欠場中に調子を落としていたチームを牽引する活躍を見せた。

勝利したマンチェスター・Uだが、依然としてリーグ戦で無敗が続く首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は「8」のままである。すでに3試合分の勝ち点差があるが、ポグバは諦めていないようだ。

イギリス『BBC』で、マンチェスター・Uがプレミアリーグ王者になれるチャンスがあるかと問われたポグバは、「シーズンは非常に長い。優勝を信じられなければ、プレーしていないだろう。僕たちが優勝できないと思えば、やめてしまったほうがマシだ。スパイクを脱いで、フットボールから離れていただろう」と、まだ優勝の可能性は残されていると強調した。

また、18日のニューカッスル戦で9月30日のクリスタル・パレス戦以来約1カ月半ぶりに得点を挙げたロメル・ルカクについて、「僕が復帰して、ロメルがまたゴールを奪えたって? それは良いことだ。ロメルはプレミアリーグでベストのストライカーだ。彼は良い選手だから、彼のことを心配などしていないよ」とベルギー代表FWへの信頼を口にしている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
次の記事:
バルセロナ、ケヴィン=プリンス・ボアテングのレンタルでの獲得を発表…スペインでは賛否両論
次の記事:
無念の途中離脱。青山敏弘が森保監督と交わした最後の会話「本当はこのピッチが決勝戦だったら…」
次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
閉じる