難民施設訪問のバロテッリが差別撤廃の呼びかけ「スポーツはあらゆる差別に打ち勝つ」

コメント()
Gettyimages
ニースのマリオ・バロテッリがSNS上で人種差別問題に言及した。

ニースに所属するFWマリオ・バロテッリが難民保護施設を訪れ、人種差別撤廃を訴えた。バロテッリが26日、インスタグラム上で報告している。

ニースの27歳FWは、故郷であるブレシアの難民保護施設、聖リッカルド・パンプーリ・センターを訪問。難民申請中の若者らと夕食を共にしたほか、写真撮影の要請にも応じ、ファンサービスを行った。

その後バロテッリはインスタグラムを更新し、難民保護施設への訪問を報告。自身もピッチ上で猿真似のチャントやブーイングを受け、人種差別の被害に遭った経験を持つことから、難民らに向けられる差別意識の根絶を訴えた。「スポーツはあらゆる人種差別や偏見に打ち勝つことができる。パンプーリの皆さん、ありがとう。ここには知られざる人たちや物語が存在する」と綴った。

バロテッリの訪問を受けたパンプーリセンターもフェイスブック上で、「彼が来て、若者たちにプレゼントをくれました。ありがとう、スーペル・マリオ!」と述べ、アフリカにルーツを持つ地元出身のスターに感謝した。

▶リーグ・アン観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
鳥栖、元日本代表FW金崎夢生と契約を更新「自分に出来る事を精一杯出して…」
次の記事:
スールシャールがリーグ戦4試合連続Gのラッシュフォードをべた褒め「リーグ最高のストライカーになれる」
次の記事:
クロップ、PL通算50ゴール達成のサラーを大絶賛「ワールドクラスの選手だ」
次の記事:
【活躍&低調選手がわかる選手採点】アーセナルvsチェルシーのMOMは…最低点は頑ななサッリと消されたジョルジーニョ
次の記事:
「とてつもなく怒りを感じる」サッリが“気持ちの入っていない”チェルシーに激怒
閉じる