長友佑都にスペイン行きの可能性浮上…ベティスが「最初の一歩を踏み出した」

コメント()
インテルで長年過ごす長友がスペインへ行く可能性?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都にスペイン行きの可能性が浮上しているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

長友は今シーズン序盤、ルチアーノ・スパレッティ監督の下で出場機会を確保していたが、ダヴィデ・サントンやダウベルト・エンリケにチャンスが与えられ始めた中盤以降は減少。リーグ戦の先発は昨年の11月が最後となっている。

そんな長友には、スペインのベティスが獲得に興味を示しているという。リーガで12位のベティスは、長友獲得に向けてすでに最初の一歩を踏み出したと伝えられ、今後数時間のうちに事態が進展する可能性もあるようだ。

インテルは今冬、慌ただしいマーケットを過ごしており、すでにジョアン・マリオとガビゴルのレンタル放出を決めた。出場機会の確保に苦しむ長友も彼らに続くことになるのか、注目が集まるところだ。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
大不振のレアル・マドリーがロペテギを更迭か…コンテが最有力と伊メディア
次の記事:
最下位長崎の高木琢也監督、磐田との直接対決で痛恨ドローに「申し訳ないという気持ち」
次の記事:
白熱の戦い…長崎vs磐田の残留に向けたシックスポインターは痛み分け/J1第30節
次の記事:
「リヴァプールを見習うべき」レジェンドがマンチェスター・U攻撃陣に厳しい要求
次の記事:
好スタートで首位走るドルトムント、J・サンチョ「僕らは野心的」
閉じる