ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

鎌田&長谷部の評価は分かれる…それぞれ指摘された問題点とは?

7:01 JST 2019/08/26
2019-08-26-kamada

フランクフルトの鎌田大地、長谷部誠の評価はメディアによって分かれることとなった。

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第2節でRBライプツィヒと対戦。鎌田大地と長谷部誠はともにフル出場となったが、ティモ・ヴェルナーのゴールなどで1-2と敗れている。

地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』では「よくできました」に次ぐ評価の「まずまず」部門で鎌田がトップに。「1、2の鋭いパス。さらに6分にはフランクフルト最大のチャンスも生み出した。時折クリエイティブなアイデアを見せたが、俊敏さが足りない」と寸評を記されている。また、長谷部は次の「普通」部門のトップに。「堅実でリベロとしては非常にいいパフォーマンス」としながら、「1失点目ではヴェルナーのマークを放した」と指摘している。

一方で、ドイツ紙『ビルト』では評価が逆転。長谷部には及第点以下の「4」がつけられ、「失点シーンではマークを外し、48分にはヴェルナーにスピードで置いていかれた」と厳しい言葉が。それよりも低い評価となった鎌田には「5」の採点。「ほとんど試合に関わらなかった。ボールに絡み、攻撃を復活させることはなかった」としている。

なお、どちらのメディアでも最高評価はMFセバスティアン・ローデとなっている。

公式戦連敗となったフランクフルト。29日のストラスブール戦で悪い流れを止めることはできるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です