“野人”岡野雅行が振り返る日本代表とワールドカップ…「生きた心地がしなかった」最終予選と「夢叶った」本大会

コメント()
ガイナーレ鳥取の岡野雅行代表取締役GMが、日本代表として戦ったワールドカップ アジア最終予選と本大会を振り返った。

8月31日のオーストラリア戦に勝利し、日本代表はFIFAワールドカップ・ロシア大会への出場権を獲得した。その瞬間から選手たちの激しい“サバイバル”が始まった。

本大会まで残された期間は8カ月。ロシアの地を目指すサムライたちは、本大会に臨む最終メンバーに選ばれるために何をすべきなのか? そして、どのような心構えでロシアの地を踏むべきなのか? 1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで行われたイラン代表とのW杯フランス大会アジア第3代表決定戦で、日本代表を初のW杯出場へ導くゴールを決めた岡野雅行(現ガイナーレ鳥取代表取締役GM)に話をうかがった。

2017-11-13-Okano

――まずは改めてジョホールバルでゴールを決めた瞬間を振り返ってください。

岡野  本当にすごいプレッシャーの中での試合でした。生きた心地がしなかったです。サッカーなんかやるんじゃなかったと思うくらいでした。W杯の出場権を獲得しなければ、日本には帰れないという雰囲気だったのでゴールを決めたときは、うれしいというよりもホッとしました。

――2-2で迎えた延長開始と同時にピッチに立たれましたが、その時の心境は?

岡野  僕はこの試合がW杯最終予選初出場だったんです。監督の岡田(武史)さん(現FC今治CEO)から『秘密兵器』だと言われ続けていた中でモチベーションを保っていましたけど、この場面だけは「本当にやめてくれ」と心の底から願っていました。

――延長後半13分にゴールを決めるまでに何度もチャンスがありました。

岡野  今、あらためてこの試合の映像を見ると、なんでシュートを打てる場面でパスを出したんだろうと僕自身が思います。でも本当に怖くてシュートが打てなかったです。開き直ってプレーするとかそういうレベルではありませんでした。感覚的には戦争に行っているような感じでしたからね。

――ジョホールバルから日本に帰国された後の変化は?

岡野  友達が増えましたね(笑)。帰国した空港で待ち構えていたメディアの数もすごかったですし、まるで英雄のような扱いでした。お袋がワイドショーに出ていましたし、買い物に出かければすぐに人だかりができました。本当に「なんだこれ?」っていう世界でしたね。

――サッカーの面での変化は?

岡野  もちろんありましたよ。ジョホールバルから帰ってきたら、当時所属していた浦和レッズの中で「岡野はスーパーサブとして起用したほうがいいんじゃないか?」という雰囲気がありました。ジョホールバルの十字架みたいな感じでしたね。本音を言えば、「日本代表なのに、なんでサブからのスタートなんだ!」と怒りもありました。

2017-11-13-japan

――W杯イヤーの1998年、所属チームではどのような心構えでプレーされていましたか?

岡野  日本代表に選ばれるためには、とにかくチームで活躍するしかないと意識してプレーしていました。少し活躍するだけではダメです。チームの中でも、リーグの中でも飛び抜けた活躍しなければいけない。周りに「岡野は日本代表に選ばれて当たり前だよね」と思わせるプレーをしようと、高い意識で取り組んでいたと記憶しています。

――W杯の最終メンバーから落選するという不安はありませんでしたか?

岡野  不安はなかったですね。リーグ戦でも結果を出していましたし、僕はチームの中で特長的なプレースタイルだったので。最終予選でもアウェイ戦では必ずメンバーに入っていましたから、W杯でも劣勢の状況や強豪国と対戦するときは必ず僕の特長が活かせると思っていました。まぁ、あんな劇的なゴールを決めて、本大会のメンバーに選ばれないのは「きついな」とは考えていましたけど(笑)。

――グループリーグ第2戦のクロアチア戦では、61分からピッチに立たれました。その時の心境は?

岡野  「夢が叶った!」ですね。僕が小さい頃は日本代表のW杯出場なんて夢のまた夢でしたから。とにかくうれしかったです。もちろん0-0の状況だったので、集中はしていましたし、最終予選のようなプレッシャーがなくて良い緊張感の中で試合に臨めました。

――ピッチ上のプレーで感じられたことは?

岡野  結果的に0-1で負けるんですけど、何が負けていたかと言うとフィジカルだけです。試合後にヒデ(中田英寿氏)と話したんですけど、同じことをヒデも感じていました。テクニックの面では大差はないけれど、フィジカルコンタクトが半端なくうまい。例えば、僕たちがサッカースクールをやって子どもたちとボールの奪い合いをすると、絶対に僕たち大人が勝つんですよ。身体の強さで子どもとボールの間合いに入れてしまうんです。それと同じような感覚ですね。

2017-11-13-japan

――筋力や身体の大きさの差ということですか?

岡野  単純にそれだけではないですね。おそらく経験だと思います。日々、相手を負かさなければポジションを奪えないというような、厳しくハングリーな環境でプレーしている選手と、そうでない選手との経験の差ですね。

――その他に違いは?

岡野  得点感覚ですかね。ここぞというときの力の入れ方というか集中力には違いがあったと思います。あと、日本でよく言われる“決定力不足”ですが僕は日本の決定力が低いのではなく、チャンスの少なさが決定力不足だと言われる原因だと思います。

――今の日本代表に対する率直なご感想は?

岡野  僕には当時から比べると「うまくなったな」くらいしか言えません(笑)。ただ、ハマったときはすごく良いサッカーをするんですが、そうではないときの打開策や武器みたいなものが見当たらない、というのはありますね。

――当時は岡野さんがピッチに立つと、攻撃の合図という雰囲気がありました。

岡野  まぁ、スタジアムは盛り上がりましたよね(笑)。たしかに当時の僕のような選手は減っていると思います。そういう選手が入るだけでチームの雰囲気も変わりますし、組織的にもアクセントになると思います。

――最後に今、選手たちにW杯メンバーに選ばれるためのアドバイスをするならば?

広告

岡野  ハリルさん(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)がアルジェリア代表監督を務められていたときのサッカーを見たんですが、強力なFWを前線に置いたカウンター主体のサッカーでした。8月末のオーストラリア戦でも乾(貴士)選手や浅野(拓磨)選手を起用していましたよね。そういった選手起用などを見ると、前線で仕掛けられて、一人でも局面を打開できる選手を求めているんではないですかね。なので、選手たちにはボールを持ったらどんどん仕掛けたほうがアピールになるんじゃないかと思います。

●インタビュー・文=Goal編集部

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルベルデ、メッシの負傷離脱に「プレーアイデアは保ちたい。だが不在を痛感するはず」
次の記事:
セビージャ監督マチン、バルサ戦のパフォーマンスに胸を張る…敗因は「テア・シュテーゲン」
次の記事:
先制点お膳立ての堂安律、バー&ポスト直撃シュートなど存在感発揮も…フローニンゲンは勝利ならず
次の記事:
ラージョ戦先発が予想されたヘタフェ柴崎岳、結局は起用されず…5試合連続で出場機会なし
次の記事:
伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし
閉じる