遠藤航の完全移籍は決定済事項…シュトゥットガルト監督交代後も「構想にしっかりフィット」

20191216_Wataru Endo
(C)Getty Images
第14節カールスルーエ戦から全公式戦にボランチでフル出場する遠藤航。クラブは買い取りオプション行使へ。

ブンデスリーガ2部シュトゥットガルトは日本代表MF遠藤航の買い取りを決断したようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

遠藤は昨夏にベルギーのシント=トロイデンから買い取りオプション付きのレンタルでシュトゥットガルトに加入。ティム・ワルター前監督の下では移籍がシーズン開始後にもつれ込んだことや代表ウィークによる離脱の影響などでベンチを温める状況が続き、ようやく新天地デビューを迎えたのは昨年11月末の第12節ディナモ・ドレスデン戦で、初の先発出場は第14節カールスルーエ戦。だが、そこからすべての公式戦にボランチとしてフル出場している。

そして、シュトゥットガルトはそんな遠藤の完全移籍移行に迫っているとのこと。同クラブでの「彼の時間はまだまだエンド(ウ)を迎えない!」と伝える『ビルト』は、すでに内部では買い取りオプションの行使が決定済みとなっていると報道。また、シント=トロイデンには150万ユーロ(約1億8000万円)の違約金が支払われ、1部昇格時にはボーナスが付け足されるとも伝えられている。

なお同紙によると、「彼はセントラルMFや守備的MF、守備ラインの中央やサイドで起用が可能でシュトゥットガルトのペレグリーノ・マタラッツォ新監督の構想にしっかりフィットしている」という。ホッフェンハイムのアシスタントを新監督に迎えたシュトゥットガルトだが、遠藤は監督交代後もレギュラーメンバーの1人としてプレーすると予想されているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

閉じる