ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

連覇お預けの鹿島、大岩剛監督「選手たちにプレッシャーはなかった」

17:37 JST 2017/11/26
2017-11-26-kashima-Go Oiwa
明治安田生命J1リーグ第33節、鹿島アントラーズ対柏レイソルは0-0で引き分け。試合後、鹿島の大岩剛監督が采配について語った。

明治安田生命J1リーグ第33節が26日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズと柏レイソルが対戦した。試合は0-0で引き分け。試合後、鹿島の大岩剛監督がこの試合での采配について語った。

リーグ連覇の懸かった試合で無得点に終わったゲームに関し「プレッシャーは選手には掛かっていなかったと自分では感じています」と語る大岩監督は、「もう少しサイドからの攻撃を増やすことによって、バリエーションがもっと出たんじゃないかなと感じています。細かいところは映像を見て確認したいなと思いますけど」と分析する。

スコアレスで終盤を迎えながらも、交代カードを1枚残したまま試合終了を迎えた大岩監督。「カードを残していたのは、チームのバランスですね、攻撃においても、守備においても、バランスを見てそのまま行きました」と説明。

途中出場で起用したのは、FWペドロ・ジュニオールとDF伊東幸敏の2人。「攻撃について言えば、伊東を入れることで、幅を使った攻撃を期待しました。そして中央でペドロのスピード、レアンドロとのコンビネーション。そういうところで攻撃のバリエーションを増やしたいなと感じていました」と采配の意図を語った。

12月2日に控える最終節・ジュビロ磐田戦に向けては「非常に注目されるゲームになると思う」とし、「しっかり切り替えて1週間準備をしたいという気持ちでいます」と気合を入れていた。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。