途中出場のサラーが2ゴール…リヴァプールが敵地でストークに3発快勝/プレミアリーグ第14節

コメント()
マネと好調サラーのゴールでリヴァプールが勝利した。

■プレミアリーグ第14節 ストーク 0-3 リヴァプール

リヴァプール:サディオ・マネ(17分)、モハメド・サラー(77分、83分)

29日にイングランド・プレミアリーグ第14節 ストーク・シティとリヴァプールが対戦した。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、1-1のドローで終わった25日のチェルシー戦からモハメド・サラーやフィリペ・コウチーニョら6人を入れ替え、この試合でドミニク・ソランケをプレミアリーグで初めて先発で起用している。

ストーク相手に直近8試合で7勝と得意とするリヴァプールがポゼッションを高め、ストークがボールを奪い次第カウンターを仕掛ける展開で試合が進む。すると、17分早くも試合が動く。ジョー・ゴメスがゴールラインぎりぎりで折り返したボールをソランケが受け、マネに渡すと、セネガル代表FWが技ありのシュートを沈め、リヴァプールが先制に成功する。

失点後からストークは攻勢を強めるも、なかなか効果的な攻撃を出せず、反対に簡単にボールを失い、リヴァプールにチャンスを与えてしまう。41分にはマネのシュートがポストをたたくなど、リヴァプールも追加点のチャンスをものにできず、リヴァプールが1点をリードして前半を折り返す。

広告

ストーク、リヴァプールともに交代なしで後半がスタート。すると、ストークがジェルダン・シャキリを中心に反撃を開始するが、なかなかチャンスにつなげられず。試合は膠着状態が続く中、リヴァプールは立て続けにアレックス・オックスレイド=チェンバレンとソランケを下げ、それぞれジェームズ・ミルナーとサラーを投入。

そして迎えた77分、サラーがリヴァプールに追加点をもたらす。右サイドを崩したマネがファーサイドにクロスを送ると、サラーが完璧なボレーシュートをたたき込み、リードを2点に広げる。さらに攻勢を強めるリヴァプールは、ストークDFがロングボールの処理を誤った隙をついたサラーがGKとの1対1を冷静に沈め、試合を決定づける3点目をマーク。その後も、攻撃の手を緩めなかったリヴァプールが敵地でストークを3-0で下した。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
閉じる