豪州指揮官、日本代表のW杯出場を祝福「おめでとうと言いたい」

コメント()
(C) Getty Images
ロシア・ワールドカップ アジア最終予選で日本代表とオーストラリア代表が対戦し、日本が2-0で快勝した。試合後、オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督が会見に臨んだ。

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。日本は浅野拓磨、井手口陽介のゴールで豪州を2-0で下し、ロシア・ワールドカップへの出場権を獲得。6大会連続で、本大会への切符を勝ち取った。

敗れたオーストラリア代表は自力でのW杯出場が消滅。アンジェ・ポステコグルー監督は「今日の結果には非常にがっかりしている」と落胆を示しつつ、「勝利した日本にはおめでとうと言いたい」とW杯出場を決めた日本を祝福した。

オーストラリアが2位でW杯出場を決めるためには、9月5日のタイ戦を大量得点で勝利することが条件となり、さらに他会場の結果次第となる。ポステコグルー監督は「結果的に火曜日の試合(タイ戦)を見ていただくしかありません。今の私たちは勝たなければいけません。もう一つの試合次第でどうなるかが決まります。私たちはしっかりポゼッションして、パフォーマンスを示して、良い結果を待ちたいと思います」と最終戦に全力を尽くすと語った。

閉じる