試合出場数でベッカム超えを達成したベイルだが...負傷により再離脱

コメント()
(C)Getty Images
クラブW杯とクラシコには間に合う見込み

レアル・マドリーMFガレス・ベイルが、負傷により再離脱を余儀なくされることになった。

28日のフエンラブラダ戦で63日ぶりの実戦復帰を果たしたベイル。ウェールズ代表MFはこの試合でマドリー通算160試合出場を達成し、デビッド・ベッカム氏(159試合)を超えマドリーの英国出身選手として最多試合出場記録保持者となった。

広告

だがベイルはフエンラブラダ戦後に左足ふくはらはぎに違和感を覚えたようだ。29日の練習を欠席した同選手は、12月2日のリーガエスパニョーラ第14節アスレティック・ビルバオ戦を欠場する見込みだ。

マドリーは6日のチャンピオンズリーグ・グループH最終節ボルシア・ドルトムント戦でベイルに再び出場機会を与え、13日と16日に行われるクラブ・ワールドカップ準決勝・決勝、23日に控えるバルセロナとのクラシコに備える考えだとされる。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バロテッリと酒井宏がチームメイトに! マルセイユが獲得を公式発表
次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
閉じる