衝撃の退団示唆の真相は?C・ロナウド「レアルとの問題は以前から存在している」

コメント()
チャンピオンズリーグ決勝後に衝撃的な発言を残したクリスティアーノ・ロナウド。その真意について説明している。

レアル・マドリーからの退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドは、発言について弁明している。スペイン『マルカ』が伝えた。

26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、リヴァプールに3-1と勝利を収めたレアル。相手の好きを抜け目なく突き、前人未到の三連覇を成し遂げた。

しかし、この試合後のエースのコメントが物議をかもしている。フル出場を果たした後、C・ロナウドは「マドリーにいられたことは素晴らしかった。これから数日の間に、いつもそばにいてくれたファンに一つの返答をしたい」と語り、クラブからの退団を示唆するような発言を残している。

ピッチ上で衝撃的なコメントを残したC・ロナウドは、ミックスゾーンでその発言について弁明している。

「ちょっと気を緩める上で、完璧なタイミングではなかった。今、僕たちは最高の気分にいるわけだから。僕たちは途方もないことを成し遂げた。唯一無二の瞬間だ」

「話してしまったが、そうすべきではなかった。だけど、何かが起こるということなんだ。適切なタイミングではなかったけど、僕は誠実であろうとした。1週間以内に言葉を口にすることになる。というのも、ファンはいつも僕を支えてくれたし、自分の心の中に存在しているからだ」

「適切なタイミングではなかったが、僕は誠実だった。あまり話す方ではないが、話すときには話すようにしている……何かを言わなければいけないことがあればね。適切なタイミングではなかったが、ただ僕は後悔していない」

また、レアル・マドリーとの間に問題があるのかを問われると、こう返答している。

「以前から存在していることだ。でも金の問題ではない。僕はチャンピオンズを5回、バロンドールを5回勝ち取った……。これまでもクラブの歴史に刻まれる存在だったが、今それがもっと深くなったわけだ。不快感はないし、クラブにもたらしていることには自覚がある」

広告

「とにかく、チャンピオンたちであるチームメートたちとのこの唯一無二の瞬間を、失いたくはない」

また、フロレンティーノ・ペレス会長との関係不和を問われると「彼に伝えることはない」と返答。そして、来季もレアル・マドリーに残るのかを改めて質問されると、次のような言葉を述べている。

「確証は何も与えられない。何も隠すことはないし、数日中に話をする……人生は栄光だけではないということだよ。フロレンティーノ? 話をするし、挨拶もする。ちゃんとしたプロフェッショナルとしてね。何もないところで嵐が生み出されている」

次の記事:
豪で大注目のウサイン・ボルトに敵将が辛らつ批判「100年あってもプロレベルに達しない」
次の記事:
ウィルシャーが親友ラムジーの古巣残留を望む「彼は将来的なアーセナルの主将だ」
次の記事:
ショーがマンチェスター・Uと5年間の新契約を締結…週給2800万円の高給取りに
次の記事:
「南野拓実は代表ウィークの勝ち組」オーストリアメディア、日本代表の躍進に注目
次の記事:
J1はリーグ戦連勝の立役者、G大阪のMF今野泰幸! J2は上位キープに貢献した松本DF飯田真輝が選出【Jリーグ月間MVP:9月】
閉じる