英雄ギグス氏がウェールズ代表監督に就任…“初の”監督キャリアでEURO2020に導けるか

コメント()
Getty
英雄ライアン・ギグス氏が、ウェールズ代表の指揮官に。初の監督キャリアで目標を達成できるか。

空席となっていたウェールズ代表指揮官だが、同国代表のレジェンドであるライアン・ギグス氏の就任が決定した。ウェールズサッカー協会(FAW)が発表している。

1958年以来、初めてのメジャー大会となったEURO2016で、強豪国を次々に破りベスト4に進出したウェールズ。同大会で大きな自信を掴み、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨んだ。

しかし、グループDではセルビアやアイルランドの後塵を拝し3位に終わり、半年後に行われる世界最高峰の舞台に駒を進めることができず。予選終了後にクリス・コールマン監督が辞任し、指揮官の座は空席となっていた。

そして15日、FAWはギグス氏の就任を発表。現役引退後、マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたが、2016-17シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督が就任した際にクラブを離れていたレジェンドが、母国を率いることとなった。

ギグス氏は、「代表チームを率いるという栄誉を与えてくれたことを、誇りに感じている」とコメント。最初の目標は「UEFAネイションズ・リーグと、EURO2020予選の突破」とし、意気込みを語っている。

なお、2013-14シーズンに当時のデイビット・モイーズ監督が解任された後、数試合暫定監督として指揮を執ったギグス氏だが、正式に指揮官として就任するのは今回が初となる。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
次の記事:
前回王者オーストラリア、大苦戦も劇的勝利!2位で決勝Tへ…FIFAランク109位ヨルダンが首位通過/アジア杯
閉じる