英サッカー界で後を絶たないSNS上の人種差別…ウルヴス戦でPK失敗ポグバが1週間で3人目の被害者に

コメント()
Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦でのPK失敗後にソーシャルメディア上で人種差別を受けたことが発覚した。

19日に行われたプレミアリーグ第2節ウルヴスvsマンチェスター・U、1-1で迎えた68分に自ら獲得したPKのキッカーを務めたポグバだが、勝ち越し点を狙ったシュートは相手GKルイ・パトリシオにセーブされる。これが響き、マンチェスター・Uは追加点を奪えないまま、1-1のドローで試合を終えた。

しかし、このPK失敗を受け、ポグバはSNS上で目の敵に。同選手を侮辱する言葉が散見され、中には人種差別に関するものまで確認されている。なお、この1週間でイングランドでプレーする選手へのSNS上での人種差別はこれで3件目。UEFAスーパーカップでPKを失敗したチェルシーのタム・エイブラハム、レディングのヤク・メイテも同様の被害に遭っている。

フランス代表MFの人種差別被害を受け、所属するマンチェスター・Uは「ポール・ポグバへの人種差別はクラブの全員にとって不快で、我々はこれを強く非難する。マンチェスター・ユナイテッドはこのような差別行為を見過ごすことはできないし、我々が長年推進してきた#AllRedAllEqualに反するもの。加害者の特定を進め、我々ができる最大限の制裁を課すことになる」と声明を発表する。

また、マンチェスター・Uのチームメイトもポグバをサポートするコメントを『Twitter』上に投稿している。

マーカス・ラッシュフォードは「マンチェスター・ユナイテッドは家族で、ポール・ポグバはこの家族の一員だ。君たちが彼を攻撃することは、僕たち全員を攻撃していることだ」とフランス代表MFへの人種差別を非難する。

さらに、今夏にチームに加入したハリー・マグワイアは「不愉快だ。ソーシャルメディアはすべてのアカウントをオープンにして、パスポートもしくは運転免許証で本人確認をするべきだ。このような忌まわしい投稿はやめてほしい」とSNS上で頻発する人種差別への嫌悪感をあらわにしている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる