ニュース ライブスコア
ラ リーガ

苦戦続きのレアル・マドリー、ジダンは冬の移籍市場での補強を否定せず

8:47 JST 2017/11/26
Zinedine Zidane Real Madrid Malaga LaLiga 25112017
マラガ戦のパフォーマンスについては「ボールロストが多発した」

25日のリーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのマラガ戦に3−2で勝利した。マラガに二度にわたって追いつかれたレアル・マドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はボールロストを繰り返したことで、苦戦を強いられたとの見解を示している。

試合後、記者会見に出席したジダン監督は、次のように語っている。

「良い形で試合に入り、早い段階でゴールを奪った。しかし、そこからボールを失うようになり、すべてが変わってしまった。後半はとても難しかったね。私たちは結果に満足している。考えるべきは結果なんだ。望んだようにいかないことだってあったが……」

「ここを訪れるライバルは懸命なプレーを見せるし、だから私たちは高いレベルになければ……。だが、すべてが悪かったと言う必要だってないんだよ。ボールロストの多発は、普通のことではないのだから」

レアル・マドリーが今季、ベルナベウで快適にプレーできていないとの見解には、次のように返している。

「私たちはここでプレーすることを好んでいる。ホームでも良い試合を演じてきたし、今日だって立ち上がりは良かった。しかし、その後に普通ではないことが起こってしまったんだよ。とにかく、勝ち点3を獲得したことを考えるべきだし、明日のバレンシア対バルセロナの結果がどうなるかに注目したい」

ジダン監督はまた、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマが1得点ずつを決めたこともポジティブな材料としている。

「クリスティアーノはもっと点を決めるチャンスがあったが、しかし好セーブを連発した相手GKの存在も考慮しなくてはならない。カリム、クリスティアーノが得点を決めたわけだし、ポジティブに考えるべきだ。私たちは勝ち点3を獲得したんだよ」

「これから、より良いプレーを見せられると確信している。私たちは5、6、7試合と、立て続けに良い試合を演じていきたいと思っている」

フランス人指揮官は一方で、冬の移籍市場で選手を獲得する可能性があるのか問われ、こう返した。

「冬に放出がないのは確実だ。加入について話せば、どんなことでも起こり得るだろう。どうなるか見てみよう。現時点では、放出、加入のどちらについても話をしていない」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。