苦しみ続けたブラジル、PK戦の末に辛くも準決勝へ…10人のパラグアイが大健闘

コメント()
(C)Getty Images

コパ・アメリカ準々決勝が27日に行われ、ブラジルとパラグアイが対戦した。

ブラジルは累積警告でカゼミーロが、負傷でフェルナンジーニョが、そしておたふく風邪でリシャルリソンが欠場。中盤にはアランが起用され、前線はロベルト・フィルミーノ、エヴェルトン、ガブリエウ・ジェズスが並んだ。一方のパラグアイは5バック気味の守備的な布陣となっている。

前半はブラジルペースで進みつつ、あと一歩で防がれる。逆にピンチではアリソンの好セーブでしのぎ、前半はスコアレスで終了する。

すると後半の58分に分かれ道が。ロベルト・フィルミーノの抜け出しをファビアン・バルブエナが倒し、一発退場に。ブラジルが数的優位に立つ。そのプレーで得たゴール中央でのFKは、ダニエウ・アウベスが狙うが、惜しくも枠は捉えられない。

この退場をきっかけにブラジルのハーフコートゲームが展開され、シュートを浴びせていくが、パラグアイ守備陣が身体を張って守る。71分にはアランを下げてウィリアンを投入し、さらに攻撃的な方向へと舵を切る。

左サイドでエヴェルトンが鋭い仕掛けを見せつつ、違いを見せるが、フィニッシュが決まらず、終盤までゴールは生まれない。88分にはFKからアレックス・サンドロが頭で合わせるが、GKロベルト・フェルナンデスが好セーブで守り抜く。直後には右サイドからウィリアンが侵入し、ワンツーから左足でシュート。しかし、これはポストに弾かれてしまう。

最後までネットは揺れることなく、準々決勝のみのレギュレーションで、延長戦なしのPK戦へと突入する。

先攻はパラグアイとなったが、いきなりアリソンがグスタボ・ゴメスのシュートをストップ。しかし、ブラジルも4人目のフィルミーノが枠を外し、3-3の同点に。

それでも、直後の5人目デルリス・ゴンサレスが外し、最後はガブリエウ・ジェズスが沈め、ブラジルが準決勝進出を決めた。

■試合結果
ブラジル 0-0(PK4-3) パラグアイ

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる