「自分に自信がある」充実の長友佑都が明かす、インテル躍進の理由とは

コメント()
(C)Getty Images
インテルDF長友佑都は、ルチアーノ・スパレッティ監督のもとチームに一体感が生まれているとし、個人としても充実の時を過ごしていることを明かした。

今夏スパレッティ監督を招聘したインテルは、セリエA開幕から12試合で9勝3分と無敗を維持。勝ち点30で首位ナポリと2ポイント差で3位につけるなど、8シーズンぶりのスクデット獲得へ向け素晴らしいスタートを切った。

長友自身も、開幕前にはライバルのDFダルベルト・エンリケが加入したことにより、放出されることが濃厚とされていたが、そのパフォーマンスで徐々に指揮官の信頼を獲得する。そして、完全にレギュラーの座を掴み、ローテーションで2試合外れた以外は全試合に出場。10月24日のサンプドリア戦(3-2)では、途中交代時にサポーターからスタンディングオーベーションを受けるなど、ファンの信頼も確かなものにしている。

そんな充実の時を過ごす日本代表DFは『Mediaset Premium』に対し、個人としても最高の状態であることを明かしている。

「うまくやれていると思います。特にこれまでと変わったことはない。監督は自分を信じてくれますし、僕も信じています。フィジカル面もメンタル面も今は良い状態にある。自分に自信がありますよ」

そして、スパレッティ監督のもと、チームに一体感が生まれていることが好調の秘訣だとし、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が至上命題であるとかたった。

「毎日戦術的な練習に取り組んでいます。僕たちは、ピッチ上で何をすべきかわかっている。なので、プランを持ち一体となって試合に臨めています。僕らは“インテル”なんです。勝たなければいけない。4位以内でシーズンを終えなければいけないんです」

次の記事:
勝ち越しミドルの塩谷司「自信になる」…ボランチを組んだ青山敏弘らの声掛けに感謝
次の記事:
青山敏弘、広島時代に共闘した塩谷司のスーパー弾に「彼はあれが普通。だが、大舞台で出せるのは凄い」
次の記事:
武藤の同点弾をアシストした今大会初出場の室屋、「ここで負けるわけにはいかなかった」
次の記事:
価値ある同点弾挙げた武藤嘉紀「目標は優勝。相手を一つ一つ粉砕する」
次の記事:
先発10人変更も…森保監督、ウズベク戦のメンバーを称賛「結果で示してくれた」
閉じる