脅威の18歳ムバッペ、CL史上最年少で二桁得点到達…わずか15試合で10ゴール

コメント()
GUENTER SCHIFFMANN/AFP/Getty Images
18歳11ヶ月での二桁到達は、チャンピオンズリーグ史上最年少。

パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペは、史上最年少でチャンピオンズリーグ(CL)通算10ゴールに到達した選手となった。

昨季モナコで、CL決勝トーナメントで6ゴールを挙げる活躍を見せ、チームのベスト4進出に大きく貢献したムバッペ。今季はPSGに移籍すると、第5節までに3ゴール挙げチームの5連勝に貢献していた。

そして迎えた最終節バイエルン戦で、2点ビハインドで迎えた50分、カバーニのパスに反応し、ヘディングでCL通算10ゴール目を挙げた。18歳11ヶ月での二桁到達は史上最年少となった。さらに、フランス代表FWはわずか15試合で10ゴールを奪っている。

CLの歴代最多得点記録は、未だ欧州最高峰の舞台でゴールを決め続けるレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの「113」。しかし、もしフランス代表FWがこのままハイペースで得点を重ねれば、歴代最多得点記録保持者はムバッペになる日が来るのかもしれない。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
閉じる