ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップアジア予選

約2年ぶり代表弾の浅野拓磨「いつも目指すべきは代表のピッチ。ゴールできて嬉しい」

23:26 JST 2019/10/15
asano

日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループF第3戦でタジキスタン代表と対戦し、3-0で勝利した。試合後、浅野拓磨がフラッシュインタビューでコメントを残した。

予選2連勝同士の日本とタジキスタンによるグループ首位対決。前半、日本は攻守に積極性を見せるタジキスタンを前に主導権を掌握しきれず、ゴールチャンスも生かせないまま0-0で試合を折り返す。しかし迎えた後半、53分に南野拓実の予選3試合連続弾で均衡を崩すと、直後にも南野が加点。82分には、途中出場の浅野が2017年8月のアジア最終予選・オーストラリア代表戦以来となるゴールを奪い、3-0で勝利した。

試合後、浅野は「久しぶりに代表戦のピッチに立てたこと、チームの勝利にゴールという形で貢献できてうれしいです」と、約2年ぶりのゴールを率直に喜び、続けて、「今は新天地(パルチザン)でプレーしていますが、どこでプレーしていても、やるべきことは変わらないですし、目指すべきところは代表のピッチ。目指していた分、この舞台に立って代表戦でゴールできたことは僕にとってこれからプラスになります」と口にした。

それでも、「まだまだ課題も多かったのでもっと頑張らないといけないです」とさらなる活躍を見据える浅野は、今後の予選に向けて、「ここから厳しい戦いが続くと思いますし、そのためにはサポーターの皆さんの力も必要になってきます。日本が一丸となって戦い、その舞台に僕も1試合でも多く立てるように頑張りたいと思います」と気を引き締めた。

予選3連勝とした日本はこの後、11月14日に行われる予選第4戦でキルギス代表とのアウェー戦に臨む。浅野の今後の活躍にも期待がかかる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です