米サッカークラブが大麻販売店とスポンサー契約…アメリカプロスポーツ史上初

コメント()
(C)Getty Images
大麻が合法化されたラスベガスで、アメリカ史上初となるスポンサー契約が結ばれた。

ラスベガス・ライツは13日、アメリカプロスポーツ史上初となる大麻販売店とスポンサー契約を結んだことを発表した。

アメリカの2部リーグUSLプロフェッショナルリーグに属し、ラスベガスを本拠地に置くラスベガス・ライツは、13日に世界最大級の大麻販売店である『ヌウ・カンナビス・マーケットプレイス』とスポンサー契約を結んだ。なお、ラスベガスのあるネバダ州では、2016年11月に行われた住民投票により嗜好用大麻が解禁されている。

ラスベガス・ライツは、早速クラブのマスコットキャラクターがヌウの販売所を訪ねるプロモーションビデオを配信している。

普段は野球場として使用される「キャッシュマン・フィールド」を本拠地として使用するクラブのオーナーは、アメリカプロスポーツ史上初となった大麻販売店との契約の正当性を主張した。

「我々はラスベガスを愛しており、ダウンタウンを愛している。地元を恥ずかしがることなどない。誇りを持って受け入れる。ヌウは、ダウンタウンに多くの投資を行っているんだ。これは伝統的なスポーツスポンサーシップであり、それらはしっかり規制されている産業だ」

次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
閉じる