神戸での半年を振り返るポドルスキ、反省の言葉も口に「もっとゴールを決められたはず」

コメント()
(C)Getty Images
元ドイツ代表にとってチームが乗り越えるべき課題は?

夏にヴィッセル神戸に加わった元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキは、チームや自身のパフォーマンスに満足していないようだ。ドイツ誌『キッカー』がコメントを伝えている。

今年7月にガラタサライから神戸に移籍したポドルスキは新天地ではリーグ戦15試合に出場し、5ゴールをマーク。チームはベテランストライカーの加入当初と同様、順位は9位のままに終わったが、首位との差は12ポイントから28ポイントに広まった形でリーグ戦を締めくくった。

その成績についてポドルスキは、「移籍してからの半年を振り返ると、僕たちは変わりなく中位に位置している。去年と同じようにね」と言及。「僕ももっとゴールを決められたはず」と反省しつつ、「ただ、そうできていたら、優勝を争えたかと聞かれれば、『ノー』と言わざるを得ないだろう」とも指摘した。

ポドルスキはまた団結力を強調。パフォーマンスが安定しなかったことについて「原因を突き止めて、次のシーズンはよりチームとして戦わなければいけない」と来シーズンに向けて語っている。

セレッソ大阪との天皇杯・準決勝の試合(23日)を控える神戸だが、ポドルスキが語る意気込みを年内に見せられるのだろうか。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
次の記事:
中島翔哉にカタール王者への移籍話が急浮上?「すでにクラブ間合意」とポルトガルで報道
次の記事:
ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か
次の記事:
“悪童”バロテッリが酒井宏樹の同僚に?今冬のマルセイユ行きが濃厚に
次の記事:
最多優勝対決はユヴェントスに軍配!C・ロナウド弾でミランを撃破/スーペルコッパ・イタリアーナ
閉じる