ニュース ライブスコア
EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ

相馬勇紀「どことやってもある程度できる」初フル代表で自信とともに課題

11:10 JST 2019/12/19
2019_12_14_soma

18日の0-1で敗れたEAFF E-1サッカー選手権2019韓国代表戦に後半開始直後から途中出場した日本代表MF相馬勇紀は、敗戦の悔しさをあらわにした。

「勝てなかったことが一番悔しいし、優勝を持ち帰りたかったし、このチームで勝ちたかったので、悔しいです」

また、自身のプレーについては「どことやってもある程度できる」と大きな自信を得られた様子。それでも「今日一番感じたのは結局、最後は仕掛けのみになってしまっていた。もうちょっと連携が必要」と認め、コンビネーションが十分ではなかったと感じたようだ。

「FWと3人目を使ってとか、三角形がいろんなところにできていたので。試合の後に田中碧と話をして、今後呼ばれるかわからないですけど、代表活動を一緒にやるにあたって、オリンピックも戦うんだったら、コンビネーションをもっともっと増やしていかないと、今のままだと仕掛け頼みみたいな感じになってしまうので、そこは僕も改めて、もっと高めたいと思いました」

また、初めてのフル代表選出となった相馬は、個人としての課題を挙げつつ、「代表チームだからといってコンビネーションが不十分というわけにはいかないし、日本チームとして戦うので、改めてそういう部分の連動が大切だと話をしていました」と価値ある経験を得られたようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です