現役イタリア代表DFが31歳で突然の死…セリエA全試合が順延に

コメント()
フィオレンティーナの主将が突然の死…。試合は延期に。

フィオレンティーナ主将のイタリア代表MFダヴィデ・アストーリ(31)が4日、滞在中のホテルで亡くなった。

フィオレンティーナは4日のセリエA第27節、アウェーのキエーヴォ戦に臨むためホテルに滞在中だったが、主将アストーリが就寝中に亡くなった。死因などは明らかになっていないが、心臓系の問題とされている。

アストーリは主将として、チームの活動に一番に参加することを常としていたが、この日には集合場所に現れず。関係者が呼びにいったところ、すでに亡くなっている同選手を見つけたという。フィオレンティーナは自チームの主将の急死を受け、次のような声明を発表している。

「フィオレンティーナは痛ましく、悲しいことながら、急病により自クラブの主将ダヴィデ・アストーリが亡くなったことを伝えします」

なおアストーリの急死を受け、セリエA第27節は全試合が延期となった。

アストーリはミランの下部組織出身で、これまでカリアリやローマでプレー。2015年にフィオレンティーナに加入し、今季よりキャプテンを務めていた。またイタリア代表としては14試合に出場している。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる