ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

王者マン・C、昇格組ノリッジに敗れて今季初黒星…アグエロ5戦連発&ロドリ初弾も軽率ミスなど3失点の失態

3:25 JST 2019/09/15
2019_9_14_norwich

マンチェスター・シティは14日、プレミアリーグ第5節でノリッジ・シティとのアウェー戦を迎えた。

ここまで3勝1分けのマン・Cと、1勝3敗で19位の昇格組ノリッジが対戦。マン・Cのグアルディオラ監督は4-0で勝利した前節のブライトン戦からデ・ブライネ、マフレズ、負傷で長期離脱となったラポルテに代えてストーンズ、ギュンドアン、ベルナルド・シウバを起用した。

試合は18分、ホームチームが動かす。右CKからニアサイドのマクレーンが頭で合わせる。このヘディングシュートがニアサイドに突き刺さり、ノリッジが幸先よく先行する。

ビハインドを背負ったマン・Cはボールを保持しつつ同点弾を狙いにいくが、28分にスコアを動かしたのはまたしてもノリッジだった。縦に速い仕掛けを見せると、ボックス右に抜けだしたプッキの折り返しボールを正面のキャントウェルが流し込んで2点目。ノリッジが王者を相手に2点のリードを得る。

2失点にやや焦りを見せるシティ。31分にはシルバのクロスからベルナルド・シウバが折り返したボールにスターリングが合わせるも、このヘディングシュートは左ポストに直撃。それでも、前半終了間際の45分にはベルナルド・シウバが左サイドから上げたクロスに頭で合わせたアグエロが開幕5試合連続となる今季7ゴール目を決めて1点差とする。

迎えた後半、マン・Cの反撃が予想される中、信じられないミスが生まれる。高い位置でプレッシャーかけたブエンディアが、何でもないビルドアップでもたついたオタメンディからボールをかっさらう。正面のプッキが今季6得点目を決めて、オタメンディの軽率なプレーを突いたノリッジが再び2点差とする。

見かねたグアルディオラ監督は57分にギュンドアンとD・シルバを下げてデ・ブライネとガブリエウ・ジェズスを投入する2枚代えを敢行。さらに73分にはベルナルド・シウバを下げてマフレズを送り出す。

その後、リスクを冒して攻めたマン・Cは、88分にペナルティアーク手前からロドリが鋭いミドルシュートをゴール左に突き刺して1点差に詰め寄る。しかし、マン・Cの反撃もここまで。そのまま敗戦したマン・Cが、18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節、アウェーでのシャフタール戦を前に今季初黒星を喫している。

■試合結果
ノリッジ・シティ 3-2 マンチェスター・シティ

■得点者
ノリッジ:マクリーン(18分)、キャントウェル(28分)、プッキ(50分)
マン・C:アグエロ(45分)、ロドリ(88分)

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です