清水DFキム・ボムヨン、韓国・水原FCへ完全移籍…プロデビューから6年間Jでプレー

コメント()
(C) J.LEAGUE PHOTOS
清水エスパルス所属のDFキム・ボムヨンが、水原FC(韓国2部)へ完全移籍する。

清水エスパルスは7日、ジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍していたDFキム・ボムヨンが水原FC(韓国2部)へ完全移籍すると発表した。

キム・ボムヨンは韓国出身の27歳。建国大学(韓国)から2013年にモンテディオ山形へ加入、プロデビューを果たす。以後、サンフレッチェ広島、清水、千葉でプレーした。6シーズン通算でJ1リーグ戦29試合出場2得点、J2リーグ戦68試合出場3得点を記録している。

キム・ボムヨンは清水の公式サイトを通じ「エスパルスサポーターの皆さまと共に過ごした時間は、長くはなかったですが、とても意味のある時でした」と感慨を述べ、「いつか再び機会があるとしたら、エスパルスと共に戦いたいです。今回、韓国へ帰ることになりましたが、遠くからでも、いつもエスパルスを応援しています!頑張ってください!」とエールを送っている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる