清水エスパルス、好機生かせずも…残留に向けて貴重な勝ち点1を獲得/J1リーグ第31節

コメント()
(C) Getty Images for DAZN
明治安田生命J1リーグ第31節でFC東京と清水エスパルスが対戦した。

■J1第31節 FC東京 0-0 清水

明治安田生命J1リーグ第31節が29日に行われ、FC東京(11位)と清水エスパルス(14位)が対戦した。試合はスコアレスドローに終わった。

激しい雨が降る中で行われた試合。厳しいピッチコンディションの影響か、両チームともになかなか決定的なチャンスを作れない。清水は36分に右CKから犬飼智也が惜しいヘディングシュートを放ったが、ここはクロスバーの上に外れた。

スコアレスでハーフタイムを迎えると、後半に入ってさらに雨脚が強まる。清水は54分に金子翔太を下げてチアゴ・アウベスを投入する。

広告

FC東京は77分に決定機を迎える。東慶悟のスルーパスに抜け出した永井謙佑がGKと一対一になる。落ち着いてGKの左へシュートを放ったが、ここは惜しくも左ポストを直撃。チャンスを決めきることができなかった。

一方、清水も決定機。82分、チアゴ・アウベスが吉本一謙をかわしてGKと一対一になる。ペナルティエリア内右からシュートを放つと、GK大久保択生が好セーブ。続けざまに清水の選手がシュートを浴びせたが、こちらも決めきることができなかった。

清水は再び決定機。89分、クリアボールがペナルティエリア手前でバウンドすると、これをチアゴ・アウベスが拾ってシュート。ループ気味の軌道になったが、ボールは惜しくもゴール右へ外れてしまった。試合はこのままスコアレスドローに終わり、清水は残留に向けて貴重な勝ち点をつかんだ。

閉じる