浦和戦で2度PK失敗のオスカル、全く動じず「時々あること。次ももちろん蹴る」

コメント()
(C)Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第4節で、浦和レッズが1-0で上海上港(中国)を下した。試合後、上海上港MFオスカルが記者団の取材に応じた。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第4節が11日に行われ、埼玉スタジアムでは浦和レッズと上海上港(中国)が対戦した。試合は浦和が1-0で上海上港を下し、グループステージ3勝目を挙げて決勝トーナメント進出に王手をかけた。試合後、上海上港MFオスカルが記者団の取材に応じた。

オスカルは試合を振り返り「前半はフィフティー・フィフティーだったけど、後半は僕たちの方が多くチャンスを作れていた。ただ、ミスをしてしまって決め切れなかった」と語る。浦和については「彼らはいいチームだったよ。とても組織的だった。僕らの方がいいプレーをしていたとは思うけどね。負けてしまったけど……。日本のチームと対戦する時はいつも難しいよ」と評した。

後半、二度のPKを得ながら、いずれも失敗。キッカーはともにオスカルだった。「最初のPKを外してしまったけど、チームのプレーは良かったし、僕も自信を持っていた。いいプレーができていたし、チームもとてもとても良かった。PKはミスしてしまったけど、時々起こり得ることだと思う。立ち上がって、次の試合に向かっていきたい」とし、次の試合でもPKを蹴るか?という問いにも「もちろんだよ。(失敗することは)時々起こることだからね」と、すでに気持ちを切り替えているようだった。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる