浦和レッズ、ラファエル・シルバらに対する差別を受け声明「AFCに事実を報告した」

コメント()
URAWA REDS
浦和レッズがFWラファエル・シルバ、DFマウリシオに対する差別について声明を発表した。

浦和レッズは21日、FWラファエル・シルバ、DFマウリシオらが公式インスタグラムアカウントで差別的な投稿を受けたことを報告。これを受けてAFC(アジアサッカー連盟)に事実を報告したことを発表した。

浦和は、19日にAFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦でアル・ヒラル戦と1-1で引き分けた。10年ぶりのアジア王者奪還へ、敵地でR・シルバが貴重なアウェイゴールを奪った。

引き分けながら幸先の良いスタートを切った浦和だったが、このアウェイゴールを受けてか、試合直後からR・シルバのインスタグラムに、サルや中指を立てる絵文字、バナナなどといった差別的なコメントが相次いで投稿された。

この差別的な投稿を受けてR・シルバは「この世界にまだ差別主義者がいることを悲しんでいます。私は私の肌に誇りを持っています」と自身のインスタグラムを通じてコメント。クラブとしても「AFCに事実を報告しました。私たちは、私たちのファミリーである選手をいかなる差別からも守ります」と声明を出した。

さらにクラブは、「25日には、10年ぶりの栄冠を勝ち獲る大切な一戦があります。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、ピッチ外の事象にとらわれることなく、サッカーでの決着で栄冠を得られるよう、共に闘ってください。ホーム埼玉スタジアムで、スポーツマンシップとともに、真の浦和レッズを表現し、共に喜びの瞬間を創り出しましょう」とサポーターへ向けて結束を促している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
K・P・ボアテング「大きな夢が実現した」バルサ入りに歓喜…23日国王杯で早くもデビューか
次の記事:
PSGの相次ぐ中盤の離脱に…トゥヘルが補強を望む「この状況はとても、とても深刻」
次の記事:
元アルゼンチン代表SBプラセンテが語る“W杯制覇に必要なこと”とは?/独占インタビュー
次の記事:
アンリ監督、自身よりモナコの未来案じ…リーグ戦21試合で勝ち点15
次の記事:
バロテッリがマルセイユで23日にメディカルチェック&移籍発表へ…酒井宏樹の同僚に?
閉じる