ニュース ライブスコア
AFC チャンピオンズリーグ

浦和に先勝のアル・ヒラル指揮官、2ndレグは苦戦を予想も「タイトルは我々のものになる」

16:20 JST 2019/11/10
Razvan Lucescu

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は10日に決勝第1戦が行われ、アル・ヒラル(サウジアラビア)が浦和レッズに1-0と先勝した。ラズヴァン・ルチェスク監督は、選手のパフォーマンスに満足しつつも、第2戦は「厳しいものになる」と見ているようだ。AFC公式が同監督のコメントを紹介している。

2年ぶりの再戦となったアル・ヒラルと浦和のカード。リベンジを期するアル・ヒラルは序盤から試合を支配し、浦和は守勢にまわる時間が多くなる。すると、後半にペルー代表MFアンドレ・カリージョのヘッドで均衡を破ると、その後も浦和を圧倒。1-0で勝利し、優勝へ王手をかけた。

支配率は70%超え、後半に至っては浦和をシュート0本に抑えるなど、内容的にも圧倒したアル・ヒラル。ルチェスク監督は「選手たちが非常に良いパフォーマンスをしてくれたことに感謝したい。我々は多くのチャンスを作り出した。バランスを保ち、集中もしていたね」と選手の働きを称賛した。

しかしながら、決勝点を挙げたカリージョだけでなく、元フランス代表のバフェティンビ・ゴミスや元イタリア代表のセバスティアン・ジョヴィンコといったタレントが何度も決定機を作り出したが、結果的に1点にとどまった。指揮官は「サッカーの試合で、5つのチャンスから5つのゴールを決めるのは簡単ではない」ことを強調。わずかなアドバンテージを持って臨む第2戦となるだけに「集中することが非常に重要になってくる」と続けた。

アル・ヒラルは過去に2014年、2017年とACLで決勝に勝ち進んでいるが、いずれもタイトルに一歩届かず。そうした苦い経験もルチェスク監督は理解しているようで、「残り90分は非常に厳しいものになる」と油断はない。それでも「集中して準備を整えれば、タイトルは我々のものになると確信している」と、第2戦へ向けて大きな自信を抱いているようだ。

決勝第2戦は24日に浦和のホーム・埼玉スタジアム2002で行われる。

▶【Goal.com×鹿島アントラーズ】誰でもDAZN(ダゾーン)が2ヶ月無料に!詳細はコチラ|11月30日まで

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です