浅野拓磨の去就に影響も?シュトゥットガルトがヴォルフ監督を解任

コメント()
シュトゥットガルトは、ハネス・ヴォルフ監督の解任を発表した。

シュトゥットガルトは、ハネス・ヴォルフ監督の解任を発表した。

公式戦直近7試合で6敗を喫していたシュトゥットガルト。そして27日に行われたブンデスリーガ第20節のシャルケ戦に0-2と敗れたことで、ヴォルフ監督の解任を決断している。クラブスポーツ部門のミハエル・レシュケ氏は、解任理由を説明している。

「昨日の試合後、ハネスと現状の分析をした。そして会談のあと、今の状況では何かを変えなかればいけないという決断に至った。我々は、成功を取り戻すために変化が必要だった」

ヴォルフ監督は、シュトゥットガルトを指揮できて光栄だったと語っている。

「VFBをブンデスリーガ昇格へ導いた2017年5月21日は、忘れられない思い出となった。今シーズンも正しい道に乗っていると感じていたが、残念なことにここ数週間は内容も結果も良くなかった」

36歳の指揮官を解任したシュトゥットガルトは、日曜日のトレーニングではGKコーチのマルコ・ラングナー氏や、フィジカルコーチが指導したという。

指揮官の解任により、ここ3試合は出番がなく移籍の可能性も伝えられたFW浅野拓磨の去就にも影響があるかもしれない。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
デ・ブライネ、今季初先発で勝利に満足…離脱期間中のマンCにも言及
次の記事:
CL3連勝も満足しないユーヴェ主将キエッリーニ「前半は素晴らしかったが…」
次の記事:
伊藤達哉、HSV恩師ティッツ監督の解任に「自分の力不足を痛感します」
次の記事:
“クラシコ”前にマルセロが負傷退場…指揮官「大したことではなければいいが」
次の記事:
6試合ぶり勝利に安堵のロペテギ、解任説も気にせず「続投を確信している」
閉じる