ニュース ライブスコア
親善試合

流れるような連係から2点目を奪取!南野「宏樹君から良い折り返しが来て、後は流し込むだけだった」

21:44 JST 2019/09/05
2019-09-05-minamino

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019のパラグアイ代表戦に2-0で勝利。試合後、追加点を決めたFW南野拓実がフラッシュインタビューに応じた。

10日のアジア2次予選初戦、ミャンマー代表戦を皮切りに始まるカタール・ワールドカップに向けた戦いを前にして、コパ・アメリカ8強のパラグアイと対戦した森保ジャパン。序盤から攻守に圧倒する日本は、23分にFW大迫勇也の得点で先制すると、直後の30分にもネットを揺らす。ピッチ中央のMF中島翔哉からのスルーパスに抜け出した酒井宏樹が中央に折り返すと、ボックス内でフリーになっていた南野が難なく沈めた。

試合後、得点場面を振り返る南野はアシストへの感謝を伝えている。

「(酒井)宏樹君から良い折り返しが来て、後は流し込むだけだったので、アシストに感謝したいと思います」

「サポーターの応援というのは非常に力になりましたし、今日来ていただいたサポーターの方たちのために勝ちたかったので、結果を出せて良かったと思います」

また、この試合ではほとんど相手にチャンスを作らせず。細かい連係から攻撃を繰り出し続けて完成度の高さを見せつけたが、南野はさらなる向上の必要性を感じているようだ。

「自分たちがチャンスを作る場面というのは多かったし、それをものにできたのは良かったですけど、それでもまだ攻撃の最後の質というところは向上する必要があると思うし、増していく必要があると思うので、それは今後に向けてしっかりやって行ければと思います」

森保ジャパンにおいて背番号9を背負う南野。主軸を担うアタッカーは、貪欲なハングリー精神をのぞかせている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です