ニュース ライブスコア
Bruno

殺人で長期収監された34歳ブラジル人GKが現役復帰?クラブには批判集中で騒動に

12:30 JST 2019/08/15
2019-08-15 2017 Bruno Brazil
かつてフラメンゴで正GKを務めたが、2010年に殺人容疑で逮捕されたブルーノ。同選手が下部リーグのポソス・デ・カルダスFCで現役復帰を目指しているというが、果たして……。

ブラジル下部リーグのポソス・デ・カルダスFCが、GKブルーノと契約を結んだとブラジル『Globo Esporte』が報じている。

ブルーノといえば、1984年生まれのブラジル人GKで、かつてフラメンゴで正GKを務めた実力派として知られる。だがその名が世界的に知られたのは、愛人を殺害した一件と言っていいだろう。

2010年2月、ブルーノは愛人であるエリザ・サムディオさんとの間に男児をもうけた。エリザさんが愛息の認知と養育費の支払いを要求すると、ブルーノはエリザさんを殺害したうえに遺体を隠蔽したとされ、同年6月に逮捕されている。

ブルーノは2013年に懲役22年の求刑を受けて服役した後、2017年2月には仮釈放期間に。この直後、当時2部ボア・エスポルチと契約を結んで現役復帰の意向を示したが、ブルーノの仮釈放が取り消され再び収監される運びに。クラブへの批判が集中したこともあって、同年4月には契約解消となり、ブルーノは事実上の引退状態となっていた。

現在34歳となったブルーノはポソス・デ・カルダスFCで現役続行を目指す意向にあるようだが、裁判所からの許可が必要になるという。その一方でクラブにはブラジル国民からの批判が集中するなど騒動に発展しており、ブルーノが本当に選手としてピッチに立てるかどうかは不明瞭な状況にある。

殺人により長期にわたって収監された選手が、再び現役復帰を果たせるのか。世界的にも前例のない事態ではあるが、引き続きその動向が注目されるところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です