ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

武藤嘉紀、5戦連続先発も不発…王者バイエルン相手に沈黙で現地紙も低評価に

18:04 JST 2018/02/04
2018-02-04-yoshinori-muto

マインツのFW武藤嘉紀は、バイエルン・ミュンヘン戦で先発出場したものの、評価は振るわなかった。

マインツは3日、ブンデスリーガ第21節でバイエルンと対戦。武藤はリーグ戦5試合連続先発出場を飾った。前半から果敢なチェイシングや身体を張ったプレーであわやPKというシーンも生み出した。しかし、フランク・リベリとハメス・ロドリゲスのファインゴールに沈み、0-2で敗れている。

後半にはジェローム・ボアテングに競り勝ち、シュートにこぎつけた武藤。最前線でフル出場を果たしたものの、ドイツ紙『ビルト』では最低タイの「5」の採点。一方で、最高点はハメス、マッツ・フンメルスの「1」となった。

(ドイツメディアは1が最高、6が最低)

また、『Opta』のデータを元に評価点を付ける『WhoScored』でも、武藤は下から2番目となる「6.2」の採点を付けられている。

2試合ゴールから遠ざかる武藤。7日にはDFBポカール準々決勝でフランクフルトとの対戦を控えるだけに奮起が期待される。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。