森保ジャパン、6選手の6得点でモンゴルに大勝! 圧巻ゴールショーでW杯予選連勝スタート

最終更新
©Kenichi Arai

日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループF第2戦でモンゴル代表をホームに迎え、6-0で大勝した。

先月に行われたアジア2次予選初戦のミャンマー代表戦を2-0で制した日本。エースの大迫勇也が負傷で招集外となった今回、森保一監督は1トップに永井謙佑を起用し、2列目に右から伊東純也、南野拓実、中島翔哉を配した。

立ち上がりから完全に主導権を掌握した日本は、前半からゴールを量産する。まずは22分、右サイドを駆け上がった伊東が入れた好クロスに正面の南野が合わせる。このヘディングシュートがゴール左に決まり、南野の代表3試合連続弾、森保体制での最多8ゴール目で日本が先手を取った。

攻め手を緩めない日本は続く29分、左CKでのゴール前混戦から最後は吉田が頭でプッシュ。主将のゴールで2-0とすると、33分に追加点を挙げる。南野とのワンツーでボックス右に侵入した伊東がグラウンダーのクロスを入れると、正面に飛び込んだ長友が合わせる。120試合出場の長友は、2009年10月に行われたアジア杯カタール大会予選の香港代表戦以来、約10年ぶりとなる代表4得点目となった。

さらに日本は40分、右サイドから伊東が入れたクロスに頭で合わせた永井がヘディングシュートを突き刺して4点目。大量リードで折り返すと、迎えた後半も56分に中島の左CKから遠藤が放ったヘディングシュートが決まる。

遠藤のフル代表初ゴールで5-0とした日本は、ここから酒井、南野、永井と下げていき、安西幸輝、鎌田大地、原口元気を投入する。コントロールしつつ試合を進めると、82分には遠藤のミドルシュートをGKが弾いたところに詰めた鎌田の日本代表初ゴールが生まれて6点目。その後、日本はモンゴルをシャットアウトし、6選手の6得点により大勝した。

W杯予選連勝スタートを決めた日本代表はこの後、15日に敵地でタジキスタン代表とのアジア2次予選第3戦を迎える。

■試合結果
日本代表 6-0 モンゴル代表

■得点者
日本:南野拓実(22分)、吉田麻也(29分)、長友佑都(33分)、永井謙佑(40分)、遠藤航(56分)、鎌田大地(82分)
モンゴル:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores