森保ジャパン、タジキスタン撃破で予選3連勝! 2ゴールの南野拓実が代表戦4戦連発

最終更新
(C)Getty Images

日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループF第3戦でタジキスタン代表と対戦した。

10日のモンゴル代表戦を6-0で大勝して予選2連勝スタートとした日本(FIFAランク31位)と、同じく勝ち点6を積み重ねるタジキスタン(FIFAランク115位)によるグループ首位対決。森保監督は今回、そのモンゴル戦から永井謙佑、伊東純也、遠藤航、負傷した冨安健洋に代えて鎌田大地、堂安律、橋本拳人、植田直通を先発起用した。

人工芝の敵地で始まった一戦、先に決定機を演出したのは徐々にペースを握った日本だった。13分、中島が入れた右CKに正面の吉田麻也がボレーで合わせる。このシュートが枠を捉えたが、相手GKのファインセーブに遭って先制点とはならない。

すると日本は、きっちりとショートパスをつなぎながら積極性を見せてくるタジキスタンの反撃に遭う。24分には自陣正面でスルーパスを通されると、パンシャンバに決定的な枠内シュートを浴びる。しかし、ここはGK権田が左手一本のファインセーブで失点を阻止する。

前半に苦戦した日本だが、0-0で迎えた後半の序盤に試合の均衡を崩す。53分、中島が左サイドから入れたクロスにファーサイドの南野がヘッド。これが決まり、南野の代表戦4試合連続、アジア予選3試合連続弾により、日本が先手を取った。

これで勢いに乗った日本は、55分にも南野が魅せる。右サイドで柴崎岳からパスを受けた酒井宏がダイレクトクロス。鋭いグラウンダークロスに、正面の南野が巧みなヒールで合わせて再びネットを揺らし、スコアを2-0とする。

その後、森保監督は中島と鎌田を下げて浅野拓磨、永井謙佑を投入。82分には酒井からのクロスに合わせた浅野がヘディングシュートで3点目を挙げる。そして、終盤に18歳の久保建英もピッチに立った日本は、そのままタジキスタンをシャットアウトして快勝した。

予選3連勝とした日本はこの後、11月14日に行われる予選第4戦でキルギス代表とのアウェー戦に臨む。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores