柴崎岳、63分から途中出場...ヘタフェはデポルティボに3発快勝/リーガ第26節

コメント()
Getty Images
暫定で8位に浮上したヘタフェ

■リーガ第26節 ヘタフェ 3-0 デポルティボ

ヘタフェ:アンヘル(40分)、OG(43分)、モリーナ(82分)

28日にリーガエスパニョーラ第26節が行われ、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでデポルティボと対戦した。ヘタフェMF柴崎岳は63分から途中出場している。

前節ビジャレアルに0-1と敗れたヘタフェは、ホームの一戦で勝利を取り戻したいところ。対峙したのは昨年12月9日からリーガ第15節レガネス戦以降、未勝利が続いているデポルティボだ。

ヘタフェは17分にアンヘルがペナルティーエリア左角からミドルシュートを放つ。デポルティボGKルベンが好セーブで応じたが、ヘタフェに得点の予感が漂う。

すると40分、ヘタフェが先制に成功する。ポルティージョのスルーパスに反応したアマトがGKルベンと1対1に。弱々しいシュートがゴール前に転がったところを最後はアンヘルが押し込み、アンヘルのリーガ11得点目でリードを奪った。

ヘタフェは先制から3分後に追加点を挙げる。ペナルティーエリア内に入ったアンヘルが中央にラストパスを送り、これがボベダのオウンゴールが誘って、前半のうちに2点目を奪取した。

ヘタフェは63分にモラが負傷で続行不可能になる。ボルダラス監督は柴崎を交代でピッチに送り込んだ。

ヘタフェは82分、モリーナがデポルティボDFのGKへのバックパスのミスを突き、相手守護神の鼻先でチップキックを放ってネットを揺らしている。

快勝したヘタフェは暫定で8位に浮上。対するデポルティボは19位に位置している。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
次の記事:
浦和、2019シーズンの背番号を発表…杉本は14番、山中は6番に決定
閉じる