柴崎岳、乾貴士の名も...リーガ1部・2部でW杯に出場する可能性があるのは109選手

コメント()
ロシア行きを目指す選手たち

“世界最高リーグ”と謳われるリーガエスパニョーラからは、100名を超える選手がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場することになるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。

リーガ1部で、最もW杯に選手を送り出す可能性があるのはバルセロナ(19選手)だ。次いでレアル・マドリー(15選手)、セビージャ(11選手)、アトレティコ・マドリー(10選手)、セルタ(7選手)が続く。

広告

ヘタフェはポルトガル代表DFヴィトリーノ・アントゥネス、モロッコ代表MFファイサル・ファジル、日本代表MF柴崎岳の3選手にW杯行きの可能性がある。エイバルは日本代表MF乾貴士のみだ。

2部ではムニル・モハンド(ヌマンシア)、ダニー・カルバハル(アルバセテ)、ディエゴ・ヨハンセン(オビエド)にW杯出場のチャンスがある。1部で106選手、2部で3選手、最大で合計109選手がロシアの地に赴くことになりそうだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アーセナルが止まらない!主将エジルの“魔法”でレスター下し、公式戦10連勝達成/プレミアリーグ第9節
次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
閉じる