ニュース ライブスコア
ラ リーガ

柴崎岳と乾貴士、両日本人が明かす今季の出来…ともに満足せず

20:17 JST 2018/04/21
gaku-inui
直接対決を前にリーガ公式が両者にインタビュー。

ヘタフェの柴崎岳とエイバルの乾貴士が、お気に入りのスタジアムを語った。リーガ・エスパニョーラ公式サイトのインタビューに応えている。

21日にリーガ・エスパニョーラ第34節で直接対決を控える両者。日本人対決にも注目が集まるが、そんな中リーガ公式が両選手にインタビューを実施している。

スペイン語について聞かれた乾が「全く話せないので」と話した一方で、柴崎は努力を続けている真っ最中であることを明かす。

「できるだけ話そうとは思っていますし、毎日勉強しながら。いつか試合でもスペイン語でインタビューに応えたいなと思っています」

また、今シーズンについて柴崎は簡単なものにはならなかったことを認める。

「ケガもありましたし、自分の思うようなシーズンにはなっていないと思いますけど、リーガに適応する意味でも辛抱強くシーズンを過ごしていると思いますし、これからさらに成長したいなと思います」

同様に乾も、残りの数試合でさらなる結果を残すことを誓った。

「自分のプレーにはあんまり満足していないですし、ここに来て試合も出れていないので、もうちょっと点も取りたかったですし。あと5試合あるので、結果残せるように頑張りたいです」

日本人対決については、ともに意識することはないと語った2人。それでも柴崎は試合前に「彼とは友達ですし、何か話せたら」とし、親交を深めるつもりであることを示した。同時に「ピッチでは友達であることは忘れて」と語り、激しい戦いになることを示唆している。