本田圭佑フル出場のパチューカ、ホームで格下相手に黒星/リーガMX第16節

コメント()
Getty Images
本田圭佑フル出場も、無得点で敗戦。

リーガMX第16節が現地時間4日に行われ、日本代表の本田圭佑が所属するパチューカは、アウェイでケレタロと対戦した。

パチューカは30分、エリア手前でFKのチャンスを獲得すると、本田が直接ゴールを狙う。しかし、これは壁に直撃してしまう。本田も精力的に動いてチャンスに絡んでいったが、前半は得点を奪うことができずにスコアレスで折り返す。

しかし53分、カウンターから失点を喫する。スピードに乗られると守備の戻りが間に合わず、カンデロにゴールを奪われた。

直後にエリア内でパスを受けた本田のシュートは、相手GKのファインセーブに遭うなど、パチューカは攻め続けるもなかなかゴールをこじ開けることができない。

その後も本田のFKなど、最後まで攻め続けるパチューカだが、ゴールを割れず。ホームで17位のケレタロ相手に敗戦を喫した。

この結果、パチューカは勝ち点18から伸ばすことができず。12位で、リーグ戦最終節を前にプレーオフ進出の可能性が断たれた。

次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
次の記事:
過熱する移籍先報道に…オランダの俊英MF「決断を急ぐことはないけど、早く終わってほしい」
閉じる