ニュース ライブスコア
トルーカ 対 パチューカ

本田圭佑がアシスト記録も、パチューカは敵地でトルーカに敗れる/リーガMX後期第10節

5:01 JST 2018/03/05
2018-03-05 Honda Pachuca
リーガMX後期第10節でパチューカは敵地でトルーカと激突し、1-2で惜しくも敗れた。本田圭佑はこの試合で後期5アシスト目を記録している。

■リーガMX後期第10節
トルーカ 2-1 パチューカ

得点者
トルーカ:ウリベ(30分)、キニョネス(68分)
パチューカ:ペーニャ(53分)

リーガMX後期第10節、パチューカは敵地でトルーカとの一戦に臨んだ。

この試合、パチューカは2点差以上で勝利すればリーグ3位に浮上する。先発した本田圭佑は攻撃的な位置を主戦場としながら、中盤の底まで下がって起点になったり、時にはトップに入ってポストワークをこなすなど、ピッチ上を流動的に動き、打開を狙う。

しかし、先制したのはホームのトルーカだった。30分、ゴールエリア左側をパブロ・ブリエントスが縦に抜け、クロスを入れる。中に飛び込んだフェルナンド・ウリベが押し込んでトルーカが1点を先行する。

試合はこのままトルーカのリードでハーフタイムを迎えた。1点を追うパチューカは53分、CKのチャンスに本田が左足でクロスを放り込むと、アレクシス・ペーニャが頭でネットを揺らし、スコアを1-1とする。本田にとってはこれが後期リーグ5アシスト目となった。

ホームのトルーカは68分、右サイド深くからウリベがクロスを入れると、ファー側でアレクシス・カネロが折り返す。そこへ飛び込んだルイス・キニョネスが押し込んでネットを揺らし、2-1と再び1点をリードする。

またしても追う展開になったパチューカはこの後攻めあぐねる展開が続き、試合は2-1のままフルタイムを迎えた。この結果、勝ち点3を獲得したトルーカは3位に浮上(勝ち点18)。一方のパチューカはこれで4勝2分け4敗となり、順位を10位に下げる結果となった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう