ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

最下位・磐田が劇的AT弾でついに勝利…リーグ戦8試合ぶりの白星で光明見える

20:02 JST 2019/09/28
2019-09-28-iwata

明治安田生命J1リーグ第27節が28日に行われ、大分トリニータとジュビロ磐田が対戦した。

公式戦4試合負けなしと調子が上向きの大分と、公式戦4連敗中の磐田という対照的な両チーム。磐田は前節から5人を変更し、川又堅碁とルキアンの2トップを試している。先発の続いていたムサエフや荒木大吾はベンチからも外れている。また、天皇杯での清水エスパルス戦に続き、ゴールマウスに入るのはカミンスキーではなく、八田直樹となった。

試合は立ち上がりからホームの大分がボールを支配。14分には田中達也がドリブルで仕掛け、相手DFをかわすと、フリーでシュートに至るが、ボールはゴール左へとそれていく。決定機を逃した田中は悔しさをあらわにする。

逆に磐田も26分には右サイドのクロスから川又がヘディングで合わせ、見せ場を作る。しかし、その後はどちらも決定機は生まれず後半へと折り返す。

後半に入ると、後方からのフィードに抜け出した大分FWオナイウ阿道がシュートを放つが、八田の好守にしのがれる。時間の経過とともに、徐々に磐田がボールを持つ時間が長くなっていく。しかし、前線で時間を作ることはできず、大分の陣形を崩すには至らない。

それでも65分、磐田はフィードから好機を見出す。ルキアンが前線で収めてヒールで流すと、走り込んできた山本康裕がゴール右隅へ流し込み、待望の先制点を奪う。

その後、システム変更で守備を固めた磐田。至近距離から小林成豪のシュートにも八田が好セーブを見せて難を逃れる。しかし直後にクロスからエリア内で三平和司が倒され、大分がPKを獲得。これを三平が冷静に決めて同点に。

しかし、最後にドラマが。アディショナルタイムに右サイドから松本昌也がクロスを上げると山本が頭で叩き込み、再度磐田が勝ち越し。そのまま磐田が2-1で勝利し、リーグ戦8試合ぶりの白星を手にしている。

■試合結果
大分 1-2 磐田
■得点者
大分:三平和司(80分)
磐田:山本康裕(65分、90+6分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です